shimizu.jpg清水 直子  Naoko Shimizu (Viola)
1997年ミュンヘン国際音楽コンクール・ヴィオラ部門にて、ユーリー・バシュメット以来21年ぶりの第1位を受賞し注目を浴びる。その他、1995年マルクノイキルヘン国際コンクール優勝。96年ジュネーヴ国際音楽コンクール最高位(1位なし2位)、併せてオーチャードホールアワード受賞。98年、ヤング・コンサート・アーティスツの国際オーディションに第1位で合格、同時に数々の賞を受ける。・・・続きプロフィール全文

2009年03月16日

プロフィールをもっと知りたい!

出身:大阪府寝屋川市
趣味:語学習得。トルコ語に加え、前から興味のあったフランス語。ドイツ語はもちろん永遠のテーマですが、日本語も忘れないように本を読まないと・・
好きな食べ物:心身ともに疲れている時など特に、和食を食べるとホッとします。日本人だと実感する一瞬でもあります。最近ベルリンにもラーメン屋さんが出来、コンサートの後などつい食べに行ってしまいます。
ストレス解消:何もかも投げ出し、思い切って長時間寝る。
posted by JapanArts at 18:23| もっと知りたい! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロフィール

shimizu.jpg清水 直子  Naoko Shimizu (Viola)
1997年ミュンヘン国際音楽コンクール・ヴィオラ部門にて、ユーリー・バシュメット以来21年ぶりの第1位を受賞し注目を浴びる。その他、1995年マルクノイキルヘン国際コンクール優勝。96年ジュネーヴ国際音楽コンクール最高位(1位なし2位)、併せてオーチャードホールアワード受賞。98年、ヤング・コンサート・アーティスツの国際オーディションに第1位で合格、同時に数々の賞を受ける。

桐朋学園大学でヴァイオリンを広瀬悦子、江藤俊哉の各氏に、ヴィオラを岡田伸夫氏に師事。93年ヴィオラに転科し研究科修了。94年よりドイツ・デトモルト音楽大学で今井信子氏に師事。

94年タングルウッド音楽祭参加、C.D.ジャクソンアワード受賞。95〜98年マールボロ音楽祭参加、グァルネリカルテット、ジュリアードカルテット、ボザールトリオのメンバー等と共演。97、99、2000年とマールボロ音楽祭米国ツアーにも参加している。

96年オーチャードホール「未来の巨匠コンサート」に出演、東京フィルハーモニー交響楽団と共演したほか、読売日本交響楽団、新日本フィル、日本フィル、東京シティ・フィル、東京交響楽団.、スイス・ロマンド管弦楽団、バイエルン放送交響楽団、南ドイツ放送交響楽団、フランクフルト市立歌劇場管弦楽団など国内外のオーケストラと共演を重ねている。98年大阪文化祭賞受賞。99年にはニューヨーク、ワシントンDCにてデビューリサイタル、2000年にはニューヨークにてコンチェルトデビューを果したほか、ヨーロッパ各地でコンサートを行っており、現在に至る。 2001年2月より、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、首席ヴィオラ奏者としても活躍する。

2003年ベルリン・フィル八重奏団と日本公演にて共演の他、神奈川フィル/広上淳一と『イタリアのハロルド』、ヴュルテンベルク・フィルとバルトーク、ハレ管とウォルトンと共演、2005年には『ヴィオラ・スペース』に参加、ミハイル・プレトニョフ作曲のヴィオラ協奏曲、日本初演でプレトニョフ指揮、東京フィルとの共演。ベルリン・フィル、ヴァイオリン奏者の町田琴和と日本フィル、またクスマール氏とトッパン・ホールでモーツァルト:協奏交響曲、2007年1月にリサイタル・ツアーのほか仙台フィルとの『イタリアのハロルド』、7月には紀尾井シンフォニエッタ『白鳥を焼く男』で共演、いずれも絶賛を博している。 ベルリン・フィル首席奏者として、またソロ活動の中2006年1月に毎日放送『情熱大陸』で取り上げられ大きな反響を呼んだ。
posted by JapanArts at 18:07| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

English Profile

shimizu.jpgNaoko Shimizu (Viola)
Naoko Shimizu gained high recognition for placing first in the 1997 Munich International Music Competition Viola Division, becoming the first person in 21 years to win this prize since Yuri Bashmet. She has also won the International Markneukirchen Competition in 1995, second prize (being the highest prize as no first prize was awarded) in the 1996 Geneva International Music Competition as well as the Orchard Hall Award. In 1998, she passed the Young Concert Artists International Audition at the top of the list. She is also the recipient of many other honors.

Shimizu studied violin under Etsuko Hirose and Toshiya Eto at the Toho Gakuen College of Music, and viola under Nobuo Okada. In 1993, she transferred her major to viola, and completed her studies in the research division. From 1994, she attended the Academy of Music in Detmold Germany studying under Nobuko Imai.
In the year 1994, she participated in the Tanglewood Music Festival, winning the CD Jackson Prize. From 1995 to 1998, she participated in the Marlboro Music Festival, the Guarneri Quartet, the Julliard Quartet, and collaborated with the members of the Beaux Arts Trio. She also participated in the American tour of the Marlboro Music Festival in 1997, 1999 and 2000. In 1996, she appeared with the Tokyo Philharmonic Symphony Orchestra in the Orchard Hall’s “Great Artists of the Future Concert”. She has also performed repeatedly with many domestic and foreign orchestras such as the Yomiuri Nippon Symphony Orchestra, the New Japan Philharmonic Symphony Orchestra, the Japan Philharmonic Symphony Orchestra, the Tokyo City Philharmonic Orchestra, the Tokyo Symphony Orchestra, the Orchestre de la Suisse Romande, the Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks, the SDR Sinfonieorchester Stuttgart, and the Frankfurt Opernhouse and Museum Orchestra. In 1998, she won the Osaka Cultural Festival Award. In 1999, she gave debut recitals in New York and Washington DC, making her concerto debut in New York in 2000. She also performs widely in Europe to this present day.

Since February of 2001, she has expanded her career serving as the principal violist of the Berlin Philharmonic Orchestra. In June 2003, she will appear with the Berlin Philharmonic Octet in Japan, performing Brahms’ String Sextet No.1, and also with the Kanagawa Philharmonic Orchestra (Junichi Kokami conducting) performing “Harold in Italy”. In October, she is scheduled to perform with the Württemberg Philharmonic Orchestra (Bartok) and the Halle Orchestra (Walton) in November.
posted by JapanArts at 18:13| English Profile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。